2017 . 08 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 10
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
ビックリ話 ><
ビックリって言うより、皆さん聞いたらあきれると思うけど・・・

よく、新聞広告に入ってるじゃないですか?
「どんなご相談にも乗ります」みたいなのが・・・
どこかのお坊さん?のような肩書きの。

離婚して、この先どうして良いのかわからなくなってる時に、
まだ20代後半の時?だと思うけど、藁でもすがる思いで行ってみました。
相談料2000円なら安いなぁ~って思って^^

何人かのおばさんたちがその部屋から出てくる時に、手をついて「ありがとうございました」って。
「これは、すごい所なんだな?」って圧倒されながら、わたしの番になり、
手をついて「よろしくお願いします!」と部屋に入って行きました。
僧侶の姿をした方がそこにいらっしゃいました。
でも、わたしの顔を見た途端「そんなに幸せそうな顔して何が悩みなんですか?」と言われ。
そんなに幸せそうな顔してんのかなぁ~??と重いながら、話を聞いてもらい。
その後、ここ重要!
「気を送ってあげましょう、ここへ来て目をつぶってください」と言われ、素直にそうすると
なんと、生暖かいものが唇に・・・「なにこれ?マジ?kissですかぁ?」口から気?
それでも、わたしはそんな事も聞いたことあるなぁ~って納得したりして^^;

その後「その先もっと気を高めたかったら、夜にこの宿まで来なさい」
さすがに、それ聞いてインチキだぁ~!騙されたと気づきまして^^;
もちろん、夜行く訳無いですよ~~~!
どうなるのかは想像つきますし、kissされただけでもアホやなぁ~わたしって思ってるのに、
のこのこ行って、犯されたらもう救いよう無いって!

なんかね~この話は、人に言ったら馬鹿にされそうで。
騙されたんだけど、怒る気にもならなかった。
それどころか、自分のアホさに笑ってしまった><
なんだったんだろう?あれ?
他のおばちゃんたちは、何を言われてたんだろう?お金かな?
わたしは、お金が無かったから身体なのか??

とにかく、そうゆう類のは胡散臭いのでみなさん気をつけてください!
わたしも、騙されやすいので気をつけます^^;
スポンサーサイト

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

2007 / 03 / 10 ( Sat ) 15:11:26
* 過去 * trackback(0) * comment(6) * page top↑
過去 3
今日は、特に書く事もないので「過去3」を書きます^^

元旦那が失踪して警察に見つかって帰ってくるまでに、わたしがわかってたサラ金は5社だった。
離婚届の判を押してもらう時、確かめてみた「5社で終わりなんだよね?」そしたら「うん」って。
「じゃあ、5年待ってるから借金返したら迎えに来て」「わかった」
そう言って、出て行ったのに・・・その後まだ、3社新たに出てきて。
合計8社!最後の最後まで嘘つきかい!

それでも、わたしは大人しくでは無いけど(お見合いしながらも)5年を待ってました。
きっと、迎えに来てくれると信じて。
連絡も取れるように、電話番号とかも聞いてたし。一応繋がってました。

でも、ある日東京のスナックのママさんから電話があり。
「あんたの旦那が、ツケで食うだけ食って逃げたんだよ」って。
アパートは、もぬけの殻だったみたい。
「わたしは、もう離婚してるし関係ないですけどいくらほどですか?」
「10万ぐらいだよ。北陸に妻と子供がいて、仕送りしないといけないからお金が無いんだって言ってたよ」
仕送りですってぇ~~~!もらってないっつーの!
嘘でご飯食べるのに、やっても無い仕送りとかわたしや子供とか出して嘘つかないで!

この時は、泣きまくりました。
何が悲しいかって、子供がこんな嘘つき野郎の血を引いてるのかと思うと可哀相で可哀相で。
子供にとってなんて父親を作っちゃったんだよ~わたしはと思って。
もう、二度と許さないと思った。

そしてしばらくして、元旦那から電話があった。
「こんな電話が東京からあったよ!もう、いい加減にして!この子が可哀相だ!」
それから、一切連絡は無くどこにいるのかもわからなくなった。
またどこかで嘘ついて生きているのだろう。

わたしは、子供には絶対に何があってもサラ金ではお金を借りちゃダメだって言い聞かせて育てた。
嘘もついてはいけないって。たぶん、ついてると思うけど^^
小さい頃、嘘つくとわたしはめちゃめち怒った。
お父さんと同じ道は歩いて欲しくない。

以前、離婚してからわたしと子供の名前鑑定してもらったら、わたしがしっかり育てないと、
お父さんのようになると言われ・・・尚更、嘘に関しては厳しくした。
けど、思春期になると嘘も方便だからね~。
「彼女とラブホ行って来るよ」って言うのもどうかと思うしね^^

以上、「過去3」でした。
結構、わたしの中では重く残っているんだけど、文字にしちゃったらたいした事ない気が・・・^^
そんなもんなのかもね~過去なんて。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

2007 / 02 / 03 ( Sat ) 15:56:05
* 過去 * trackback(0) * comment(9) * page top↑
過去 2
離婚して最初に入ったアパートは民間で家賃が高くて、
スーパーのレジのパートでは、家賃を払えず親から貰っていました。
それが、わたしはすごく嫌でスーパーに頼み見込んで、雇用保険をかけてもらいました。
当然、手取りの金額は減りますが仕方ありません。
そのあと、3ヵ月経った頃に、雇用促進住宅に入れるように手続きしました。家賃は17000円、駐車用5000円、払えない金額ではありません。
よし、これでなんとかなると思ったのに。
職安の人は「母子家庭の為の慈善事業じゃないんだよ!」と言われ、
わたしも、「じゃあ、わたし達はどうやって生きていけばいいんですか!」とくいさがりました。
なんとか、入れてもらえるようになり、引越しはやっぱり親に手伝ってもらいましたが、
今度こそ、親子2人の城です。見た目は古く汚かったですけど・・・
家具を置けばなんとか、いい感じになり。嬉しかったです。
ただ、お風呂を沸かすのはベランダからで・・・
ちょっとぬるいかなと思うと、バスタオル一枚で沸かしに行って、熱くなったら止めに行く・・・これきつかった。
子供は、当然まだ小さく一緒に入ってるので、頼める人がいないから仕方ないです。
あと、洗濯機も外で・・・しかも、その時二層式のを使ってたので、冬は冷たい冷たい水の中から、
脱水機に移して・・・これもきつかった。

それでも、住めば都・・・二部屋しかないけど、わたし達には十分でした。
その頃からです。わたしが、寂しくなり始めたのは・・・。
悪い母です・・・今となっては言い訳も出来ません。
夜、子供が寝てから街に遊びに行くようになったのです。
で、たまたま連れて行って貰った店に、なんと!短大時代に焼き鳥屋さんにいた人が居て。
まぁ、その時も電話番号教えてもらったりって程度の関係があり。
偶然の出会いに舞い上がってしまいました。
しかも、そこのマスターはわたしの付き合ってた人の兄貴分のような人で、
その偶然にも驚いてしまい、わたしは毎晩のようにその店に行くようになってしまったのです。
もと焼き鳥屋の人には、以前バイクに乗せてもらった事もあり、藤井フミヤに似ていて、
かなりはまったのですが・・・・いろいろいろいろあり、何故か・・・
もう1人いたバーテンの人と付き合ってしまいました。いろいろあったのです^^
忘れもしないのは、朝方その人を家に連れてきた時、子供は・・・
わたしが帰ってきたら泣きながら「ウンチ出たぁ~」って。
その時、すっごく反省しました。だから忘れられません。
でも、子供は忘れているようですが・・・
そして、保育園に行くまでその人とジグソーパズルをして楽しそうでした。

今回はここまでで・・・わたしは、ちっともいい親ではありませんでした。若かったと言えばそれまでですが、子供に寂しい思いをさせてました。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

2006 / 12 / 19 ( Tue ) 18:35:59
* 過去 * trackback(0) * comment(3) * page top↑
決して、不幸自慢じゃないです
これから書くことは、わたしは不幸だと思っていないから、
決して不幸自慢ではないですから、あしからず。

わたしは、足が悪いです。
時々コメントやブログにも書いたと思いますが・・・
悪いと言うのは、まず右足が左足より3cm短いです。
腿の付け根から、膝までが短いのです。

何故かと言うと、生まれつきの股関節脱臼で、
当時は、治せる医者が少なかったそうです。
おまけにわたしの右足はねじれてて、
外れてる股関節をそのままはめると、
右足が完全にねじれた状態でつま先が時計で言うと、
9時の方を向いてる状態になる。

そこで、腿のところで骨を切って真っ直ぐに向くようにした。
3回の大手術だったそうです。
おかげで、見た目は全然わからず。
体育とかも運動オンチでしたが、普通に出れました。

ここまでになれたのは、お医者さんと両親のおかげです。
両親は、わたしを治す為にたくさんの病院へ言ったそうです。
わたしは、その時まだ3歳で記憶はまったくありません。

母は、わたしを産んだことを悔やみ、
何度も川からわたしと一緒に飛び込もうと思ったそうです。
何故かと言うと、股関節脱臼は遺伝性だからです。
特に、女の子に遺伝されやすいようです。

わたしは、一番性格を形成される時期に
病院で、母や祖母に甘やかされ・・・
すっかり、わがままな子になってしまいました^^

わたしには、手術跡が大きく残っていて、
母はずっとそれを気にしていました。
わたしが子供を生んだ時も、股関節は大丈夫かと気にしていました。
幸い、男の子だったのでかわかんないけど大丈夫でした。
でも、生むのは大変でした・・・
右足が開かないのだから、大きくなりすぎたら普通分娩できないと。
それで、陣痛促進剤で無理やり生んだので、苦しかった。
でも、無事に生まれて良かったからいいや^^

実は、ずっと大丈夫だった足が年齢と共にでしょうか?
10分歩くだけでもう、痛くて歩けません。
ショッピングモールの端から端に歩いただけでもうダメです。
病院にも行きましたが、
手術すると逆に歩けもしなくなる可能性があると言われ、
どうする事も出来ません。
将来は、車椅子かもしれない。
その事は、子供にも話してあるので、
「俺が車椅子買ってやるよ」と言ってますが・・・

問題は、社会復帰です。
以前の部所に戻れば、ディスクワークなので足は大丈夫なんだけど心が・・・
かといって、物流関係になったら足でたぶん無理だと思います。
立ち仕事さえまずいかも・・・
それほどひどくなってきています。
病院へ行く時も、傾がって歩いてるのが自分でわかるくらいですから。
それは、今うちにいて運動していないせいもあると思います。
休職する前は、こんなに痛くなかったし・・・

辞めて、職を探すにしても座り仕事でないと無理。
座ってても痛いのだから・・・
会社に事情をよく話してわかってもらうしかないですけど・・・
どうなるのか、不安です。
自主退職をさせたいのなら、物流へ行かされるでしょう。
無理な事をわかっていてさせて、自ら辞めていく方が会社得ですし。
怖いですね・・・戻る時に会社の考えがわかるなんて。

でも、どうなろうと仕方がありません。
その時は、その時です!

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

2006 / 11 / 10 ( Fri ) 17:50:56
* 過去 * trackback(0) * comment(16) * page top↑
離婚して再出発・・・その1
離婚前までいたアパートは、雇用促進住宅で安かったけど、
それでも、部屋数が多いのと新築の為38,000円で。
しかも、交通の便の悪いところにあって・・・近くに働くところも無い。
車はローンが残っていたため、買った業者さんに頼んで売ってもらう事になり、車も無い。
バイクも売ったので無い。あったところで乗れない。
かろうじて、実家から自転車を貰った。
このアパートから、自転車で行ける働き先も無ければ、保育園も無い。
しかも、ご近所の視線も痛かった。
引っ越すしかない!
雇用促進住宅は、敷金礼金が安い代わりに出るときに全部直さないといけないのでお金がかかる。普通は10~20万円。
管理人さんに見積もりに来てもらったら、同情されて・・・
追加金はいらないと言ってもらえ、とても感謝しました。
そう言えば、車を売ってくれた業者さんも、ローンの残りより高く売れたからと差額をわざわざ持ってきてくれました。
世の中にはいい人もいるんだと改めて感動しました。

で、引越し先はいろいろ考えたんだけど・・・
働いてないので、雇用促進や県営・市営住宅は無理。
で、民間のを探す事にしたんだけど・・・
寂しい所は嫌で、ここならと思った場所は2箇所。
でも、賑やかな分家賃高くて・・・
それでも、人が多い所にいたかった。
静かな場所だと凹んでしまいそうだったから。

やっと決めたアパートは以前、看護師寮だった所で二部屋一つにしたところで、
ちょっと変なかんじの部屋。
だから、入り口は二つあって・・・
無駄に広かった。6畳3部屋とお風呂と台所。
実際半分しか使ってなくて・・・半分は真っ暗状態。

あの頃が一番きつかったかなぁ~。
子供は小さいし、風邪ばっかりひいてたし・・・
わたしは、近くのスーパーでレジのパートを始め、
自転車だったので、行動範囲は狭くて、
家→保育園→パート先→保育園→小児科→家だけでした。
雨が降れば2人ともカッパ来て、
雪の時は、おんぶして歩きました。
あんな事もう二度とできないよ・・・
それに寂しくて寂しくて、毎日毎日友達に電話してました。

保育園は普通慣らし保育から始まるから、
一日預かってもらうためには、一週間もかかってしまう。
お金が全然なかったから、すぐに働きたくて、
園長さんに事情を話して、一日目から一日預かってもらえる事になった。
人見知りはしない子だったので、だたきょとんとしてた。
入園してすぐ運動会だったんだけど、その時の表情が忘れられません。
ボンボン振りながら「なんで、僕こんなところにいるの?」ってかんじで、でも嬉しそうに笑ってた。
わたしは、3年間は自分の手元で育てるのが夢だったから、
なんで、こんな小さいうちからと・・・涙が止まらなかった。

救われたのは、泣かないいい子だったし、先生にも可愛がられて・・・
先生にはどれだけ感謝しても足りないくらいです。
子供も「俺は、保育園の先生に育ててもらったから」って言ってるくらいです。
わたしのお迎えが遅いから、先生達の会議にも参加してたようです^^
熱がなかなか引かず、下痢便なのにも関わらず・・・
もうこれ以上、仕事休めないって言ったら預かってくれました。
こんな保育園は無いです。いまでも感謝してます。

ちょっと疲れてきたのでこの辺で・・・
この続きは、またいつかw
2006 / 11 / 04 ( Sat ) 22:17:41
* 過去 * trackback(0) * comment(8) * page top↑
* HOME * next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。