2017 . 03 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930» 2017 . 05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
* スポンサー広告 * page top↑
兄貴夫婦、武力介入します!?
数時間前なんだけど、昨夜はひどかった・・・・
一昨日、親友2人にメールしたらキレられた。

1人は、いつでも相談して!と言いつつ、「今から出かけるから」と拒否られ、
それでもメールしたら、キレた。
じゃあ、返事しなきゃいいじゃん?って思ったけどわたしより長いメールがきた。
しかも同級生なのに、上から目線で。
「わたしだって、いろいろあったんだよ!あんた知らないでしょ?」
確かに何にも聞いてないからわかるわけ無いじゃん!
それより、ホントに困った時にはわたしには相談する気も無いんだね・・・情けないわたしの存在。

そんでもって「病気だからと思って話し聞いてきたけど・・・」って言われたけど、どんだけ~?
その人から、2~3年電話もメールももらったこと無いよ・・・わたしからは2回ぐらいしたかな。
でもいつも忙しそうだったから、相談なんて出来なかった。
「じゃあ、また電話するわ~ごめんね」と言ってもかかってくる事は無かった。
そんな人に説教されるのは、許せなかった。

もう1人の友達は、東京にいるんだけど、
最近、わたしからメールや電話して、やっと話せるようになった。
15年ぶりか?
で、彼女にもきつい事言われた・・・。

わたしは本当に、2人が親友だったんだろうか?
親友だからきつい事言うんだよ!って言ってけど・・・・
きつすぎて、真面目に死にたくなりました。
わたしには思い残す事も無いし。

で、2人に遺書送って・・・
手首切ったら、一ミリで痛い!で、ギブアップ!

携帯壊れてるから、ほっといて・・・
家電は出ないようにして、寝ていました。
嫌がらせではないけど、死んでもいいとマジで思った。
なんでだろう?その時は子供の事考えてなかったな。

そんで、電話に出ないようにして寝てたら、
家に誰か来て・・・ブッブウ~って2回なったかな。
友達かな?無視しよう!と思ったら・・・
兄貴夫婦だった・・・友達から実家に電話が行ったらしく、ご飯も食べずに来てくれた。
強行突破みたいに、鍵開けて入って来た。
「寝てたん?無事で良かった」が兄嫁さんの第一声だった。

わたしは、こんな苦しい状態だという事を、お父さんにも兄貴夫婦には知られたくなかった・・・
でも、兄貴は前に教えたアドレスで、このブログを見ていて。
仕事辞めたことも、夢の事も知っていた。

東京からは来れる訳ないし、もう1人が来ても鍵閉めとけば・・・
と思ってたのに、兄貴夫婦がガギ親から借りてくるとは。
マジでビックリしたわ!

「実家にはもう言わないで!」と友達にメールしたけど、「言う!」って言われた><
わたしは、ずっと前から親にも兄貴にも相談しなかったし、弱いところ知られたくなかった。
とうとう知られちゃったのか・・・
・・・もういいか。

今日?昨日?とにかく泣きすぎて疲れちゃった^^
今日、用事あったけど明日にしようかな。

わたしだってしなきゃいけないこといっぱいあるんです!
しかも医師には、誰かに手伝ってもらいなさいってのを、誰もいないから自分でみんなやってるし~
子供にしてもらいなさい・・・・と言われたけど「だやい!」で終った・・・アハハハ
だめだこりゃ!

もう何も相談しないから・・・上から目線すっごく嫌!
疲れた・・・・
スポンサーサイト
2008 / 10 / 14 ( Tue ) 06:23:48
* うつ病日記 * trackback(0) * comment(3) * page top↑
<<昨日はどうかしてました! * HOME * アルコール依存症?薬物依存症?>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

comment
**無事で良かった**

ウツの治りかけ、好調の波の時ほど自死する人が多いと言うのはどうやら本当の様ですね。
まゆんさんも最近は、好調とは言わないまでも、以前より行動的になられてたし、祖言う時に何かのきっかけで衝動的に自死を試みるものの様ですね。
でも、もう、二度とやらない様にして下さいね。
もし今回の未遂が成功してしまっていたら、残された人たちの無念さと、まゆんさんの苦しさに気付かなかった事に対する自責の念は計り知れないものになったでしょうし、「親友」二人にも大きな心の傷を負わせる事になったしまっていたと思いますよ。
まゆんさんに読んでもらいたいブログが一つあります。
最愛の連れ合いさんに自死された方が綴っておられるんですが、残された者の心の痛みと無念さが痛いほど伝わって来ます。「憂鬱な日々(からの脱出?)」と言うブログで、URLはhttp://gloomy-day.at.webry.info/です。更新頻度は少ないですが、一つ一つの記事に失ったものへの想いの大きさが綴られています。
自死を試みる前に一度読んでみられたら良いんやないかと思います。
by: タバコ * 2008/10/14 13:48 * URL [ *編集] * page top↑
****

教えてもらったブログ読みました…が、最近?の3話しか読めませんでした。泣きすぎて…

入院したとき、そんなように奥さんを亡くされたご主人も、あまりのショックにうつ病になってしまったようで、自分も死にたいと思うようでした。先に退院していったけど、すぐに病院に戻った事を知り胸を痛めました。
昨日の事、子供には言わなくて…今朝言った。
どう思っただろう…
by: まゆん * 2008/10/14 14:45 * URL [ *編集] * page top↑
**管理人のみ閲覧できます**

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2008/10/15 00:56 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://mayun1219.blog78.fc2.com/tb.php/558-2bf9ec51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。